将来、ゲストハウスを開業したいという夢があり、それに向けこれから、開業にむけた法律や施設など準備していきたいことをどんどんつづって行きたいと思います。

ゲストハウスを開こうと思ったきっかけ

学生時代の初の海外旅行(ニュージーランド)で利用したのが、ユースホステルとゲストハウス。
はじめての海外で、英語もまともにしゃべることができなかったので、あまり交流というのができなかったけれども、居心地がよかったです。この時に、将来自分でもゲストハウスを開きたいなって思っていました。
ニュージーランドでのユースホステル&ゲストハウス体験後は、タイに旅行に行くようになり、毎年、バンコクのあるゲストハウス(有名なカオサンエリアではなく、静かな場所)を拠点にしていました。はじめて利用したゲストハウスが快適でしょうがなく、他のゲストハウスを利用することはなかったです・・・・・。まぁ、場所がらBTS、タクシー、バスなど利用がとてもしやすかったということもあります。その後、長期出張ではシェアハウス、ゲストハウスなどを利用するようになり、自分でもゲストハウスを作っていきたいなぁって頭の中でジワジワと感じるようになってきました。。

実現は、まだまだだけれども、インフラはいろいろ考えだした

どのようなゲストハウスにしたいかという方向性は、まだ検討中・・・・。
ただ、共通することは、インフラ系をしっかり準備はしたい。
たとえば、WiFi環境、POSシステム、コンセントなどなど、いわゆる設備です。
こういうのは、コンセプト関係なく共通することだと思っています。
部屋の雰囲気とかは、どうにかなるけれども、こういうのは下地をしっかりして置かないと、法律上の問題などでひっかかてしまう場合があるし、ブレーカーを落としかねないので、気をつけなれければならないところです。

今、法律的な部分で参考にしているサイトがこちらです。

ゲストハウスを運営する上で、法律などを含むさまざまなアイディアを得るのによさそうな書籍を探してみました。やはりコンセプトをしっかり持たなければ、ごちゃごちゃしたものになってしまいます。(←ごちゃごちゃしてる方が好きですが・・・何か問題が起きた場合に対処が大変そうですね。)

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください