エコ・プラントをロビーなどに設置して空気清浄を行うのもいいですが、せっかくなら食べるものも育ててみたい。
栽培方法としては、プランターに土を入れるタイプや水耕タイプなどがあります。

太陽光を当てなくてもLED光で育てられる

植物を育てるとなると日が当たる場所に置く必要があります。しかし、近年、LED光を当てることで育てる方法が用いられています。植物工場では、LEDによる栽培がほとんどではないでしょうか。詳しく説明するとなると長くなりますが、光の種類で植物の成長度合いが変わるものがあります。そのような光を当てれば植物が育つので日が当たる場所に置く必要がないということです。

最近では、教育も兼ねてのキットも売り出されていたり、おしゃれでリビングに置いていてもインテリアとしても使えそうな製品も多々あります。

ただ、お値段はちょっとお高め。栽培装置なのでそれなりのお金がかかるといえばかかりますが・・・。

でも、一度買ってしまえば、ずっと使い続けられるので先行投資と思えばいいのかな。

LED水耕栽培キット

書籍

水耕栽培に関しては、100円ショップで揃うものでお手軽にできるようですね。そんな水耕栽培の書籍も何冊か発行されています。

水耕栽培だと栽培できる野菜は限られていますが、癒やしにもなるし、スタッフの賄い飯としても使えたりできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください