このブログを作ろうと思ったきっかけは、将来サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩きたい。じゃぁ、旅行の準備はどのようなものをすればいいかななどを考えた中で、旅行に向けてのメモとして公開しようと思ったわけです。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路については、以前、巡礼路をテーマにした映画「星の旅人たち」の記事に書いたのでご覧ください。

星の旅人たち

この映画を観てサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の事を知りました。

簡単にいうと、四国八十八ヶ所巡礼みたいなものかなと感じております。
のちのちは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼について調べたことを記事にまとめたいと考えています。

大変な距離を歩くようなイメージでしたが、実は、四国八十八ヶ所の方が距離が長いんですよね。

将来は、この巡礼路を歩いて行きたい!!。ただ、家族で行けるのが一番ですが・・・・。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路について知りたい方は、以下の書籍などをご覧になるか・・・ググってください。私がサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路について知ったのは記事の最後に紹介する映画を見てからです。登山は好きではないですが、歩くのは好きです。かなり惹かれています。

書籍

もって行きたいもの

 900km近い巡礼路を最低1ヶ月~2ヶ月かけて歩くのですが、時間がでてきたら行ってみたい。だから、アフィリエイトでうまく旅費と日本での生活費として少しでも稼げればいいなぁという、甘い考えを持っております。(他にも色々やりたいことがありますが)

 実際にはいくらくらいかかるのだろうか? 歩く場所は、ユーロ圏。物価を考えると、100万円くらいあれば余裕を持って行けるのかなぁ。

 そこで、実際に行くとなると色々揃えないといけません。バックパックやシューズ、地図、寝袋などは必須だけど、他に必要なものが多々。ガイドブックは、現地調達の方がいいかなと。

 特に、モバイルバッテリーや三脚、SDカードなどを記録に残すためや快適に過ごすための必需品です。そういうのは、持ち歩かずにひたすら巡礼路を歩くのがいいですが、やはり記録にも残して置きたいです。道中のブログ投稿など、現代ぽく歩き勧めていきたいかなと。

そこで、持っていくならこれかなっていうのをリストアップしてみました。まぁ、ガジェット系は常に新製品がでているので、今回紹介したものはお古になりますが・・・こんなものがあるんだって程度で読んでください。

コンセント変換プラグ

海外と日本ではコンセントの形状が異なるので変換プラグを持っていく必要があります。また、電圧も日本は100Vですが、海外は最大240V。お使いの機器が240Vですがに対応していなければ、コンセントに挿した瞬間に壊れてしまいます。本来は、電圧を100Vにする変圧器を持っていくのがいいですが、これが重い。なので、海外の電圧仕様のものを用意した上で変換プラグだけを持っていこうと思います。また、コンセントの形状もまちまち、訪れる国のコンセント形状もしっかり調べる必要があります。変換プラグは、1種類対応や複数の規格に対応したものなど様々です。

モバイルバッテリー

スマホ(カメラ&ブービー)やデジカメ(一眼レフのバッテリー)を充電するのに必需品。容量は、20000mAh以上はほしいところです。

USB充電器

私は、宿に入るとすぐにスマホなどの充電できる環境を整えます。宿泊所で充電できればいろいろと充電しておきたいものです。極力場所をとらないものがいいかな。

ニコン一眼レフカメラ用USB充電器

Nikonの一眼レフ(D7000)を持っているのですが、純正のバッテリー充電器がでかいし、USB充電ができないという欠点があります。そこで、Amazonさんだと非純正ですがUSB充電ができる充電器が売られています。

以前に購入した同様のUSB充電器のレビューに関しては、こちら NikonD7000のバッテリー(EN-EL15)USB充電器を購入

ソーラー充電器

 太陽の光を浴びながら巡礼を行うのだから、太陽の力を借りていろいろ充電したいもんです。そこで、持ち運び楽チンのソーラーパネルは持って行きたいと思っています。ただ、それぞれの機器に直接つなげるのではなくて一度モバイルバッテリーに充電してから、モバイルバッテリー経由で色々充電した方がいいかなと思っています。太陽光だと電圧などが不安定になりそうなので、各機器へのダメージを抑える対策です。モバイルバッテリーは、充電回路がしっかり設計されているだろうから多少電圧が変動しても大丈夫かな。

電子メモパッド

 道を聞いたり、カメラに記録を残すためのメモやコミュニケーションツールとしては持っていきたいです。サイズが悩むところです。A4サイズだと大きいかな。

外付けHDD

 写真や映像の記録保存用としては必要かなと。たくさん写真を撮ってSDカードがいっぱいになる可能性はあります。また、常に歩いているということとなると耐衝撃性のものを選んでおきたいところです。ちなみに、ノートPCは、小型のLet’snoteを持って行こうと考えています。Let’snoteだと、防塵や防滴、衝撃にある程度強いからこういうときは、うってつけだと思っています。道中、インターネットができる環境のときは、サーバーに写真データをコピーするようにはしたいですが・・・。

三脚&自撮棒

夜景や星空などの撮影や自分も写りたいってときに使えます。ただ、三脚は、重いのがネック・・・最低限、スマホで使う自撮棒は必要かな。

折りたたみハンガー

 宿泊所での選択などでは必須です。まぁ、着替えとしては4日から1周間程度をコインランドリーで洗濯していけば十分かなと思っています。

ZIPロック

汚れた服やモノなどを整理整頓用として便利!!

救急セット

 怪我したときや常備薬ケースも必需品です。

耳栓

 宿泊所は、相部屋が主です。そうなると気になるのが他人のいびき。長距離を歩くなかで睡眠はかかせません。私は、意外といびきの音に敏感なもんで・・・。

現時点で必ず持って行きたいのはこれかなって感じです。今後も増えていくと思いますが・・・・。 今後もサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路について情報を収集していき、ブログ記事にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください